不動産事務は女性にピッタリ!年収を上げる方法やホワイト企業に就職できるコツを徹底解説!

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

中西諒太
監修者
静岡県出身。株式会社了代表取締役。宅地建物取引士/2級ファイナンシャル・プランニング技能士/住宅ローンアドバイザー/日商簿記検定2級|賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務後、独立。現在はWEBメディア運営と不動産賃貸業を経営。
会社のホームページはこちら>
代表者メルマガはこちら>
お問い合わせはこちら>

不動産事務の仕事をしようと考えている人の中には不動産業界が未経験でよくわからなくて不安という人もいるでしょう。

不動産業界にいままで関わったことがなければ当然のことです。

本記事では不動産事務職を女性が仕事にすることについて解説していきます。

  • 不動産事務職に転職して年収を上げたい
  • 不動産事務職に転職する上での注意点を知りたい
  • 不動産事務職の求人選びの注意点やコツが知りたい

上記について一つでもあてはまる人にとって参考になる内容となってます。

不動産業界は他の業界とは違った独自のルールや待遇があります。そのため、転職活動をするときはより不動産事情に詳しいところから情報収集をしていくことが重要です。不動産業界の転職に成功したい場合は以下の記事が役立ちますのでぜひご参考くださいませ。
不動産業界に強い転職エージェントおすすめ21選!選び方と成功のコツや注意点を徹底解説!

目次

不動産事務職での女性の仕事内容

不動産事務職での女性の仕事内容

不動産業界というと営業が中心で男社会というイメージを持つ人も少なくありません。確かに男性中心の会社が多いという傾向がありますが、会社によっては女性を中心に活躍しているところもあります。特に事務職は女性が活躍できる場面が多いです。どういった事務職の仕事があるのか具体的に解説していきます。

一時接客・問い合わせ対応

一時接客は来店されたお客様の受付や電話・メール対応を行います。不動産会社によっては営業が担当することもありますが、基本的には事務が対応することが多いです。

資料作成

不動産業界はさまざまな資料を作成します。

  • 間取り図
  • 店頭のPOP
  • イベントの案内
  • パンフレット
  • プレゼン資料

会社や業態によっても作成する資料はさまざまです。男性では苦手な人が多いため、資料作りが得意な女性は事務職として重宝されます。

データ管理

データ管理は物件情報から顧客管理までさまざまです。中には経理処理がある会社もあります。業務の中では日々新しく情報を追加したり更新する必要があります。パソコン作業が中心になるので、エクセルやワードを使いこなせる事務職の女性はスキルを活かせられます。

契約書の作成や説明

事務職が契約書や重要事項説明書を作成することもあります。営業マンや会社によっては営業が書類を作成することもあります。

ちなみに契約書や重要事項説明書を作成することは宅建士ではなくても可能です。もちろん宅建資格があれば説明や記名・押印することができます。

不動産事務職の詳しい仕事内容については以下の記事で解説してますのでご参考ください。

関連記事:不動産事務職の仕事内容とは?”未経験”でも転職できる理由や待遇が良い求人を探すコツを徹底解説

不動産事務が女性にピッタリな理由

不動産事務が女性にピッタリな理由

不動産事務は女性にピッタリな仕事です。具体的に理由を解説していきます。

不動産事務は未経験でも働きやすい

不動産事務は未経験者でも働きやすいです。女性だからといって差別されたり営業に回されることは普通の会社ならありえません。

不動産事務は会社によってある程度マニュアルがあるため、未経験者でもすぐに仕事を覚えやすいです。

宅建資格があれば就職活動をより有利に進めていくこともできますが、宅建資格がなくても事務職に就職することはできます!→【朗報】宅建士の資格なしで不動産業界に就職や転職はできます!注意点や成功するコツを解説

キャリア形成がしやすい

不動産の仕事は専門性があるのでキャリア形成がしやすいです。不動産事務職からはじめた女性ではさまざまな方法でキャリア形成をしていくことが可能です。

  • 会社内のポジションを上げる
  • 他社に転職する
  • 資格をたくさん取る
  • 他の職種に変える

選択肢は複数あるのでそのときの状況に合わせて変えていけるという柔軟さがあります。

例えば子育て中はパートにして子供が大きくなってきたらまた正社員に戻るという選択肢もあります。複数のキャリアを用意しておきたい女性にとって不動産事務職はピッタリです。

   

仕事の種類が豊富

不動産事務職といってもさまざまな業務があります。接客もある仕事からほとんど書類作業しかやらない会社までさまざまです。

将来的に営業をやってみたいという場合は”営業サポート”として接客がある事務職もいいでしょう。宅建を活かしていきたいという場合は契約関係の業務が中心の事務職を選択するという方法があります。

お客様に警戒されずらい

基本的にお客様にとっては女性の方が男性に比べて警戒されずらいです。対面だけではなく電話でも女性に比べると警戒されずらいので、電話対応が多い会社でも女性の事務職がいると重宝されます。

経験者は年収アップの可能性が上がる

不動産事務の場合、他の業界で事務職を経験していた場合に年収アップの可能性が上がります。特にワードやエクセルや資料作成が得意な場合、優遇してもらえる会社もあります。基本的な事務スキルは他の業界も不動産業界も共通しているため、全くの未経験者よりは仕事を早く覚えられる分年収もアップしやすいというわけです。

以上のことから不動産事務は女性にピッタリな仕事といえます。自身が不動産事務に向いているかどうかはその人の性格や今までのキャリアによっても左右されます。詳しくは以下で解説しています。
不動産事務に向いてる人の特徴まとめ!仕事を探すコツについても解説

関連記事:不動産業界に強い転職エージェントおすすめ21選!選び方と成功のコツや注意点を徹底解説!

不動産事務で女性が働く際の注意点

不動産事務で女性が働く際の注意点

不動産事務職はメリットばかりではなくデメリットもあります。どういったことを気をつければいいのか注意点を把握しておくことで失敗するリスクを下げることができます。

業界の体質が古い

不動産業界は他の業界に比べると昔気質で古い傾向があります。

例えば飲み会があったり体育会系の雰囲気である点です。また業務的にもFAXや電話が中心です。もちろん会社によって雰囲気も違いますし、どんどんIT化を進めている企業もあります。

就職活動のときは仕事内容だけではなくこういった部分にも着目していく必要があります。

不動産事務は人によっては合わないということもあります。不動産事務でも全ての業務が楽なわけではなく、きついと感じる人もいます。詳しくは以下の記事をご参考ください。

受け入れ体制が整っていない

不動産会社の全てが女性を受け入れられる体制が整っているわけではありません。産休・有給・育休がとりにくい会社も中にはあります。

求人を探す際は上記のような体制が整備されていくか確認していきましょう。

年収もアップ!不動産事務でホワイト企業に就職するコツ

年収もアップ!不動産事務でホワイト企業に就職するコツ

不動産事務でホワイト企業に就職するには対策をとっていく必要があります。自分に合う会社を見つけ年収もアップするためのコツを解説していきます。

キャリアプランを明確にする

あらかじめ自分のキャリアプランを明確にしておくことはとても重要です。事務職を一時的に選ぶだけか、ハイキャリアを目指していくのかによっても選ぶ会社や事務職の内容が変わってきます。

資格を取る

不動産事務職は資格がなくても仕事をすることができますが、資格があればより活躍の場が広がり年収アップにもつながります。不動産業界でお馴染みの宅建以外にも活かせる資格は多数あります。

  • 管理業務主任者
  • マンション管理士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーは不動産業界はもちろん保険や金融機関でも活かせることができる資格です。事務職として不動産業界に限らずキャリアアップしていきたい人にとっても役立つでしょう。

志望動機を作り込む

不動産事務で就職活動をするときは志望動機を作り込んでいくことが重要です。特に未経験の場合はいままでの仕事や経験が不動産事務でどのように活かせるかが問われます。

不動産事務の志望動機はコツさえつかめば未経験者にとっても難しいものではありません。具体的な志望動機の書き方は以下の記事でも解説しています。
【未経験者向け】不動産事務職の志望動機を業界歴6年の宅建士が徹底解説!【例文・テンプレあり】

事務職の定着率が高い会社を選ぶ

事務職でホワイト企業を選ぶには定着率が高い会社を選ぶことが重要です。会社で働きにくく、居心地が悪い会社は1年だけでも人材の入れ替わりがあります。

そのため、就職活動の際は平均の勤続年数や一定の期間で何人が会社を退職したのか定着率を知っておくことが不可欠です。

とはいえ求職者の立場で直接こういった質問をするのは抵抗があると思います。その場合は転職エージェントに聞いてもらいましょう。入社後にミスマッチがないようエージェントもきちんと調査してくれるのでおすすめの方法です。

関連記事:不動産業界に強い転職エージェントおすすめ21選!選び方と成功のコツや注意点を徹底解説!

コメント

コメントする

目次