宅建資格があれば”不動産業界未経験の30代”でも転職できる!仕事選びのコツと就職対策を解説!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

中西諒太
監修者
静岡県出身。株式会社了代表取締役。宅地建物取引士/2級ファイナンシャル・プランニング技能士/住宅ローンアドバイザー/日商簿記検定2級|賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務後、独立。現在はWEBメディア運営と不動産賃貸業を経営。
会社のホームページはこちら>
メルマガ登録はこちら>
お問い合わせはこちら>

宅建資格を持っている30代が就職活動をする場合、未経験でも就職できるか不安に思うでしょう。

不動産業界は専門性が求められるイメージがあり、30代で未経験だと就職は厳しいと思われがちです。しかし、実際は30代だからこそ就職活動を有利に進められる部分があるというのも事実です。

そこで今回は宅建資格を持っている30代が未経験でも就職できるのかについて徹底的に解説していきます。

  • 宅建を活かして転職し年収を上げたい
  • 仕事が忙しだけで年収が低い会社は避けたい
  • 会社選びの注意点やコツが知りたい
  • 宅建を活かせる業界や職種を知りたい

上記について一つでもあてはまる人にとって参考になる内容となってます。

私自身不動産業界で三社で勤めてきました。その経験から、どうすれば30代未経験でも就職できるかについて解説していきます。

不動産業界は他の業界とは違った独自のルールや待遇があります。そのため、転職活動をするときはより不動産事情に詳しいところから情報収集をしていくことが重要です。不動産業界に強い転職エージェントは下記で紹介してますのでぜひご参考くださいませ。
不動産業界に強い転職エージェントおすすめ21選!選び方と成功のコツや注意点を徹底解説!

目次

宅建資格があれば不動産業界未経験の30代でも転職できる理由

宅建資格があれば不動産業界未経験の30代でも転職できる理由

一般的に30代は20代よりも転職するのが難しいという意見があります。確かに20代の採用を重視する企業もありますが、宅建を持っている場合は必ずしも当てはまるわけではありません。なぜ未経験の30代でも宅建資格があれば転職できるのか具体的に解説していきます。

いままでの経験が役立つ

まず、30代の方が20代よりも社会人経験が多いというのが転職する上で役に立ちます。10年近くの社会人経験があれば、たとえまったく別の業界への転職も、最低限の社会人マナーがあれば20代よりも仕事や会社に慣れるのが早いです。

また、いままでまったく関係ないと思える業界や仕事内容でも客観的に見れば役に立つ部分もあります。もちろん不動産営業・事務・人事など職種によってもいままでの経験が活かせる部分が多いかは変わってきますが決して20代よりも不利ということにはなりません。

宅建を持っているだけで有利

宅建は独占業務もできる資格のため、持っているだけで有利です。これはおおげさな表現ではなく、実際の求人を見ても常に宅建士の募集をされてることからもわかります。

特に不動産業界の場合は宅建を持っていない20代よりも宅建を持っている社会人経験がある30代の方を採用したいという企業もあります。「30代だから不利」ではなく「宅建をもっているから有利」とポジティブに捉えましょう。

関連記事:宅建士の就職や転職が実務未経験でも”超”有利な理由【活躍できる転職先と転職がうまくいくコツも解説!】

業界自体が人手不足

不動産業界は人手不足の業界のため、他の業界よりも求人数の割合が大きいです。

そのため宅建を持っていなくても30代で就職する人は少なくありません。宅建を持っていればさらにチャンスや選択肢は多くなります。

関連記事:不動産転職は30代未経験でもOK!【転職のコツや注意点を徹底解説!】

宅建資格は努力の証明にもなる

宅建資格は気軽に取れる資格という人もいます。確かに司法書士は弁護士と比べると取りやすい資格ですが、合格率は15%と誰でも合格できる簡単な資格ではありません。

宅建を持っているというだけで目標に向かって努力し結果を出せることの証明になります。特に働きながら勉強した人は就職活動でアピールしやすいです。就職活動でも自分から目標に向かって努力できることを伝えていけば仕事でも結果のために努力できる人材だと思ってもらうことができます。

30代女性の場合も活躍の場は多い

宅建は女性にも人気の資格です。そのため宅建を持っている女性の活躍の場も多いです。

女性の場合は営業よりも事務職を選ぶ人が多いです。細かい仕事は女性の方が向いている傾向にあるので活躍できる場面も多いです。

正社員以外にもアルバイトやパートの求人も多いため、状況に応じて働き方を選びやすいのがメリットです。

関連記事:不動産事務は女性にピッタリ!年収を上げる方法やホワイト企業に就職できるコツを徹底解説!

職種が豊富

不動産業界というと営業のイメージがありますが、宅建士が活かせるのは営業以外にも事務職やライター業、人事など豊富にあります。

宅建を軸にさまざまな職種から自分に合う仕事を探すことができます。

不動産業界以外でも宅建士を活かせる仕事が多い

宅建士は不動産関連の資格なので、どうしても「宅建士の仕事=不動産業界」というイメージが強いです。しかし、実際のところ金融や保険から公務員など活かせる業界は幅広いです。不動産業界にこだわらない場合は他の業界に目を向けてみるのもいいでしょう。

関連記事:宅建を活かせる仕事は不動産業界以外にもたくさん!転職を有利に進めるコツを徹底解説!

30代で未経験の宅建士が就職するときの注意点

30代で未経験の宅建士が就職するときの注意点

30代で未経験の宅建士が転職するのは難しいことではありません。しかし注意点を把握しておかないと入社後にミスマッチが起きてしまうリスクがあります。注意点を具体的に解説していきます。

人間関係について

不動産業界が体育会系というイメージを持つ人もいるでしょう。確かに他の業界よりも体育会系の会社が多い傾向にあります。今は昔に比べるとだいぶ少なくなったものの飲み会や上下関係が厳しい会社もあります。

特に年功序列の会社だと年下の上司に敬語をつかわなければなりません。年下に敬語を使うなど上下関係を気にしない人ならいいかもしれませんが、抵抗がある人は人間関係については仕事を探す上で慎重に調べましょう。

常に求人を募集している会社は避ける

不動産業界はもちろん、常に求人を募集している会社は避けましょう。事業拡大など理由がある場合はまだしも、そうでない限りは人員の入れ替わりが激しいことが多いです。

未経験でも入りやすい会社だとしても、仕事や社風が厳しく、退職につながってしまったら意味がないので常に求人に募集をかけている会社に応募するべきではありません。

30代未経験の宅建士が仕事を選ぶときのコツ

30代未経験の宅建士が仕事を選ぶときのコツ

30代未経験の宅建士が仕事を選ぶときのコツを把握しておくことでより就職できる確率が上がります。具体的に解説していきます。

賃貸がおすすめ

不動産業界の中から仕事を選ぶ場合、売買より賃貸の方がおすすめです。仕事の難易度も賃貸の方がやさしく、未経験者でも採用されやすいです。

宅建があれば最低限の不動産知識がある証明になりますが、それでも実務では独特の知識や経験があるので、順番に経験を積んで行った方が負担が少なくすみます。

賃貸で場数を踏んでから売買に転職する人も少なくありません。

関連記事:不動産の転職、賃貸と売買のどちらがよい?【未経験者は賃貸がおすすめ】

私自身、最初は未経験で入ったのは賃貸仲介でした。その後売買仲介に転職したのですが、今考えても賃貸から売買という順番が正しかったと思っています。

関連記事:【経験談】賃貸仲介営業はきつい?1日のスケジュールと仕事内容について解説しました

平均年齢を調べる

就職活動をする際は平均年齢を調べておきましょう。同じ業界や仕事だとしても平均年齢が若すぎると30代で採用される確率は下がります。

もちろん平均年齢が若いから30代が雇われないわけではないと思いますが、なるべく難易度を下げるためにも一つの基準として平均年齢は参考にしましょう。

離職率を把握する

宅建士の転職に限ったことではありませんが、求人で離職率を把握しておくことである程度仕事や会社の厳しさなどがわかります。

あまりにも高い離職率だと何かしらのリスクがあります。離職率が高いかどうかは職種や業界によっても違うので、目安を知りたい場合は転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

志望動機を作り込む

30代が未経験で就職する際、特に志望動機を深掘りされやすいです。それは30代で宅建をわざわざ取って就職する人の方が少数だからです。

特に今までの経歴から志望動機を作り込み、会社でどのように役立てるか説明できればより良い会社に採用される確率は上がるでしょう。

以下は不動産事務職ですが志望動機の書き方の基本を解説してますのでよろしけらばご参考ください。
【未経験者向け】不動産事務職の志望動機の書き方を”業界歴6年の宅建士”が徹底解説!【例文あり】

30代未経験でも宅建資格があれば就職できます

昔とは違い転職することは珍しいことではなくなりました。30代で年齢を気にする人もいますが、決して転職するのに遅い年齢ではありません。

むしろ30代は経験がある分幅広い視野で転職活動を進めていくことができます。また、転職活動をする上では客観的な意見を取り入れるために転職エージェントをうまく活用していけばさらに成功できる確率が上がります。

30代未経験の宅建士によくある質問

30代未経験の宅建士によくある質問

30代未経験の宅建士が就職する際に気になることについてQ&A形式で解説していきます。

30代未経験だけどいずれ独立したい

30代以降で不動産業界に入ってから独立した人は少なくありません。むしろ自分が宅建を持っていれば人を雇わなくても宅建業者を立ち上げることができるので有利です。もしいきなり独立するのは不安という場合は不動産のフリーランスや副業として始めるのがオススメです。
未経験可!?不動産エージェントの副業とは?メリット・デメリットや求人を探すコツもあわせて解説!
【経験者談】宅建士にオススメの稼げる副業まとめ!【在宅あり】

在宅ワークが流行ってるけど宅建士でできる仕事はある?

宅建士でも在宅ワークできる仕事はたくさんあります。ライターやオンラインで事務や営業ができる仕事もあります。
宅建士が在宅でもできる仕事の種類【業界歴6年の筆者が徹底解説!】

関連記事:不動産業界に強い転職エージェントおすすめ21選!選び方と成功のコツや注意点を徹底解説!

コメント

コメントする

目次